ネットで誹謗中傷の被害にあった時の対処法

被害にあった場合にやるべきこと

ネットでの誹謗中傷は大半が根拠の無い、事実とは違うことを中傷目的で書き込みをしているのが現状で、実に悲しいことです。万が一被害にあった場合は、書き込みのある掲示板などのURLをコピーして、掲示板の管理者に削除依頼をしましょう。依頼方法はどの掲示板もトップ画面の下か上に、管理者へ問い合わせなどのリンクがありますからメールにて依頼して下さい。もし、問い合わせや連絡のリンクがない場合は、掲示板の下に掲示板のサーバー会社の名前がありますので、そちらに削除依頼をしましょう。依頼をするときの注意点は、書き込みのURLを必ず貼ってください。

相手がわからないのに訴えられるの?

ネットでの誹謗中傷は、内容が個人を特定できるものや根拠の無い中傷などを書き込みしたりした場合には、名誉毀損・侮辱罪にあたりますし、もしくは、しつこくつきまとうように何度も書き込みをした場合には、内容によってストーカー規制法に違反しますので、訴えられます。ネットの犯罪の相談は、最寄りの警察では専門家がいない場合が多いので、各県の警察本部に設置されているサイバー犯罪対策室に相談して下さい。被害届が出されると、掲示板の書き込みIPアドレスなどから、書き込みをした相手の特定をしたりと捜査をします。

誹謗中傷に立ち向かう勇気を!!

ネットだからと、誹謗中傷されてもどうしたらいいのか解らなかったり、どこに相談すればいいのか判らないなどの理由で泣き寝入りする人も少なくありません。しかし、放置しておけば誹謗中傷した相手は増々増長し、更なる被害者や誹謗中傷が拡散されて広がるのがネットの怖いところです。このような卑劣な相手には法に則りきちんと対処をすることが必要だと強く感じます。被害にあったらまずは、家族や友人に相談して立ち向うことが大事です。

ネット誹謗中傷は一度出てしまうと削除は出来ないです、そこで検索エンジンで上位に出ないようにすれば、かなり出にくくはなります、それが逆SEO対策といいます。