プライバシー侵害に対しての配慮は非常に重要です

プライバシーの対象とは

プライバシーの対象については、大切な個人情報の様に、他人に公表されたくないようなものがあげられます。要するに、プライバシーを害されるといいますと、公にしたくない基本的な情報を見られたり、その情報そのものを公表されたりすることといえます。 大事になってくるのは、害するサイドが自覚して、情報自体を覗いたり、公表したりすることを想像しているところです。しかし必ずしも悪意を抱いての行動ばかりとは言えません。

悪意がないのにプライバシー侵害とは

悪意がないのにプライバシー侵害をすることとなるのかということですが、少なくありません。 その典型がソーシャルネットワーキングサービスといえます。ソーシャルネットワーキングサービスを利用している人は一般的に、写真をアップしたことがあると考えられます。アップするサイドは、楽しんだ友人に閲覧してもらうために行っていますが、公開の設定を徹底的に行っていないと、現実問題としてどんな人でも見られる様になっていることがあります。

プライバシー侵害に配慮しましょう

ソーシャルネットワーキングサービスは悪意がないままプライバシー侵害となります。ですから、公開設定をきちんと実行しましょう。友達のみ見ることができるようにすればトラブルは発生しないでしょう。 その一方で公開設定ができない場合や、ブログに画像をアップするとき一枚ずつ確認することは無理があります。したがって、暮らしている所を把握できるような写真や、学校が明らかになるような服での写真は用いないようにすることが重要です。

シュレッダーは不要な書類を細かく粉砕させるOA機器ですが、汚れが詰まると機能が低下します。定期的に清掃を行って刃物に詰まりや錆が生じないように気を配ることが長持ちさせるための心得です。