有名人のインタビュー記事を作成する場合の心構え

インタビュー前に相手の経歴を知っておこう

ライターとして記事を作成する場合、人にインタビューをすることがあります。では、インタビューする場合、そしてインタビューを元に原稿を書く場合、どういったことに注意すればいいのでしょうか。まず、インタビュー前に、相手の経歴をよく調べておくようにしましょう。人は、自分のことをなにも知らず、また興味のない人間に対してはあまり心を開かないものだからです。そうなれば、当然、面白い話を聞き出すことはできず、記事は平凡なものになってしまいます。

相手にとって触れられたくない過去はスルーがマナー

相手の経歴を調べる場合ですが、自伝などを出版しているのであれば、それを読むのが一番いい方法です。インターネット上の記事を参考にする方法もありますが、真偽不明のことについては無視した方が安全です。また、相手にとってあまり触れられたくないであろう過去については、当然、聞くべきではありません。読者が面白がればそれでいいと、インタビュー相手にデリカシーのない質問をぶつけるライターもいますが、そんな質問をしなくても興味深い記事は書くことができます。

記事作成は録音を機器ながら行おう

相手から話を聞いて、いざ原稿を書くとなった場合、ボイスレコーダーに録音したインタビューを聞きながら書く方が間違いがありません。記憶だけに頼ってしまうと、相手がいってないことを、思い込みや勘違いでいったと思ってしまい、記事にしてしまう場合があるからです。すると、相手側から抗議を受けることになります。また、もしインタビューで相手にいい印象を抱けなかった場合でも、記事でそのことを匂わしてはいけません。そういう記事は読者にとって不愉快なものになるからです。

記事作成の仕事をして、お小遣いを稼いでいる人は決して少なくありません。時間を有効に使えるので、子育て世代にも人気です。